アーク光線療法によって生み出される熱ショック蛋白質の優れた自然治癒力は副作用のない安全な民間療法です。
 【整体院】カイロプラクティック・アーク光線療法院
カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院

アーク光線療法と熱ショックたんぱく質

カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院 カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院院内
*HOME  *コース・料金案内  *アクセスマップ  *整体院独立開業  *問合せ  *サイトマップ
やのめ整体院 案内
カイロプラクティックとは
 □むち打ち症
 □椎間板ヘルニア
 □肩こり
 □顎関節症(TMD)
 □自律神経失調症
 □禁忌症
施術の流れ
アーク光線療法について
 □光線療法 治験例
 □熱ショックたんぱく質
 □婦人病・不妊症と冷え症
 □更年期障害
 □EDと男性不妊
 □アトピー・アレルギー
免疫力向上のために
コース・料金案内
アクセスマップ
整体院独立開業
掲示板
問合せ
リンク
熱ショック蛋白質とは
熱ショック蛋白質とは、細胞に熱によるストレスを与えたときに生成されるたんぱく質の事で、ヒートショックプロテイン(HSP)と呼びます。 このHSPは免疫機能を向上させる働きがあり、自己免疫疾患・アレルギー・リウマチ・脳梗塞などの治療に研究されています。 さらにHSPは異常な細胞を正常に戻す作用があり、この機能をシャペロン機能と呼びます。 生体防御機能の中でも特に重要なものは、ストレス下で引き起こされる細胞内の蛋白質の変性、あるいは誤った折りたたみ構造の発生を抑え、正しい蛋白質の構造維持を促すという機構です。 特にこのような機能を持つ分子は分子シャペロンと呼ばれ、熱ショック蛋白質があります。 蛋白質の変性とはDNAの損傷であり、本来健康な人であるなら異常蛋白質は免疫機能により破壊されます。 このとき働く細胞はNK細胞で、がん細胞などの異常細胞の増殖を抑える免疫細胞であり、異常細胞がなんらかの原因により破壊(アポトーシス)されずに残ると病気になると考えられ、熱ショック蛋白質はアポトーシスされずに生きている間違った蛋白質の修復と修復できない細胞の自然死を働きかける特殊な蛋白質といえます。 光線療法は、このHSPを生成させることが出来る民間療法で、全国には多くの患者さんがその恩恵を受けています。 薬品を使用しない安全な療法で自己免疫を高めるとともに細胞の1つ1つを修復していきますので、光線療法の効果は光線療法顧問医師により効果が確認されています。 尚、光線療法の効果は個人差が大きいのでアトピー・リウマチ・不妊症・膵炎・腎臓病などは数ヶ月から1年を要する場合がありまあす。 光線療法協会はWHO協会特別会員で、宇都宮光明医学博士の下、その医学的なデータを基に適切な施術と光線療法の普及に努めています。 多くの病に苦しむ患者さんに光線療法のすばらしさを体験していただきたいと思っております。
やのめ整体院のホームページを閲覧し、光線療法について質問があれば、お問い合わせ下さい。
光線療法はきっと貴方の健康にお役立てすることと思います。

Page Topへ▲

カイロ・整体・光線療法院コース・料金案内アクセスマップ整体院独立開業問合せサイトマップ

copyright© 2005-2006 カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院 allrights reserved.