症状が軽いからといって、そのまま放置すると椎間板ヘルニアになり、重症化することも。早期のカイロプラクティック施術がとても効果的です。
 【整体院】カイロプラクティック・アーク光線療法院
カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院

カイロプラクティックとむち打ち症

カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院 カイロ・整体・光線治療院 やのめ整体院院内
*HOME  *コース・料金案内  *アクセスマップ  *整体院独立開業  *問合せ  *サイトマップ
やのめ整体院 案内
カイロプラクティックとは
 □むち打ち症
 □椎間板ヘルニア
 □肩こり
 □顎関節症(TMD)
 □自律神経失調症
 □禁忌症
施術の流れ
アーク光線療法について
 □光線療法 治験例
 □熱ショックたんぱく質
 □婦人病・不妊症と冷え症
 □更年期障害
 □EDと男性不妊
 □アトピー・アレルギー
免疫力向上のために
コース・料金案内
アクセスマップ
整体院独立開業
掲示板
問合せ
リンク
むち打ち症について
むち打ち症 むち打ち症の症状
・息切れ
・胃不快感
・食欲低下
・疲れやすい
・肩こり
・眼精疲労
・睡眠障害
・動悸
・耳鳴り
・発汗
・めまい
・のぼせ
・排尿障害
・腹痛
・便秘
・過敏性胃腸障害
・精神疾患
・倦怠感など
上の図が頚椎のモデルでサービカル1〜サービカル7まで7椎ある。 この内最もムチ打ちの要因となりサブラクセーション(ズレ)を起こす頚椎がC5〜C7である。
※C4とC5の椎間板に変性が診られる所見
三角筋から腕の側腕にかけての神経痛や痛みになる。
※C5〜C6の椎間板に変性が診られる所見
腕トウ骨筋から親指と人差し指にかけての痺れ神経痛が起きる。
※C6〜C7の椎間板に変性が診られる所見
人差し指に痺れ、上腕三頭 筋に筋力低下が起きる。
『レントゲンに写らないズレとは椎骨の下関節面と上関節面で形成される椎間孔(脊柱管から神経が出てくる)が狭くなり、軟部組織により神経が関節的に圧迫され、神経の伝達機能が阻害され、その神経が支配する筋肉や臓器に機能低下が起きる。カイロのアジャストメント(矯正)はこの椎間孔の復元を行い、神経の伝達機能の回復を行う上で最も有効な施術施術と言える。』
ムチ打ち症の改善に、やのめ整体院でカイロを受けてみませんか。
当院のムチ打ち症のアジャストメントテクニックはすべて寝ている状態で矯正を行い、危険な座位の矯正は行いません。 座位の頚椎アジャストは、頭の重さが加わるので、的確な矯正が行えない場合があります。

Page Topへ▲

カイロ・整体・光線療法院コース・料金案内アクセスマップ整体院独立開業問合せサイトマップ

copyright© 2005-2006 カイロ・整体・光線療法院 やのめ整体院 allrights reserved.